「雑記」の記事一覧

Take Cover

前回のコラボも感動しちゃったけど、今回は凄い!正真正銘本人やんけっ 畏るべし10歳。

2020年のBring me to life

17年前発表のデビューアルバムに収められたヒット曲。女性の透き通るボーカルとヘビーサウンドの融合を実践した元祖。 以降追従する同形態バンドが続出したが、この曲を超えるようなヒットはなかった。

Gamazda

この曲のピアノカバーは珍しい。

自然の中で寛いだ

朝から近場のキャンプ場へ行きました。 軽く自炊して早々にハンモックに揺られ吸ったタバコが美味かった。充電。

Sammy Hagar & The Circle

先日はヴァン・ヘイレンの3代目だったけど、これは2代目ボーカル サミー・ヘイガーのバンド。 72歳になるのに、この声量は凄い。格好だけでも、ここまで若々しいジジイを目指したい。

獣医学と医学との共闘でコロナに対峙する

座談会の表題にあった「獣医学」にビビッと反応して観てみたら、先日読んだ本の著者 水谷哲也先生や、私の出身大学の教授も出ていた。 こういうのを市井の人々に正確に伝えるには、どうすればいいんでしょうかね?

Raise The Cain

ロックダウン真っ只中でも秀逸な曲を発表した、リッチー・コッツェンの新曲がまたまた出た。 曲調がサウンドガーデンで、ボーカルもクリス・コーネルに似ているような始まりだが、サビになるとリッチー節。今回もお手製感な映像だが、良・・・

新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識

本書はコロナ研究の第一人者、東京農工大学農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センター長(ながっ) 水谷哲也教授による、2020年5月時点での新型コロナウイルス感染症に関する正しい知識啓蒙を目的とした、講義形式約90分間で・・・

複雑な心境

愛護センターに向かう車中でラジオを聴いた限り、来年の東京オリンピックは開催の方向に舵取りしたらしい。 こうなると一気に新型コロナ感染症に対する緊張が緩和しそうな気がする。多少無理してでも政治とマスコミは共闘して進むだろう・・・

午後は(9/24)

午後から、名古屋動物愛護センターでの動物慰霊祭に出席してきました。 滅多に着ないスーツで向かいましたが、暑さは和らいでいるので、思ったほど汗をかきませんでした。同センターで昨年度亡くなった動物たちを慰霊し、引き続き殺処分・・・

このページの先頭へ