「ウサギの飼育環境」の記事一覧

餌を変えるより大切なことかも

愛兎が歳をとると、飼主さんが考えるのが餌を変えること。 最近はラビットフードも多彩になって、シニア餌も充実しているので、それも一理あると思います。しかしながら老齢で消化管の順応性が落ちいてるでしょうから、ペレットの切替え・・・

飼い始めてすぐの多飲

飼い始めて3日目、まだ飼主さんとの関係も構築されていない、環境にも慣れていない、未熟でか弱い身体の子ウサギが水をたくさん飲んでいる、飲み過ぎている? ということを心配して、かといって動物病院に連れて行くこともストレスにな・・・

ウサギキャリーにひと工夫

一般的なウサギキャリーは金網製で、足場も金網スノコ。 これだと衛生管理はしっかりできるが、ウサギは足裏に負担増で居心地悪い。ちょっとしたひと工夫で、これだけ快適になります。

売ってるんだ

来院されるウサギがオシッコでびしょびしょにならないように、キャリーの底にペットシーツ敷いて、その上にスノコ置いてくれ、と口煩く言っています。 今朝来院されたウサギのキャリー。 円形なのに、ピッタリハマるスノコ付き。飼主さ・・・

天気が良いので

朝からイナバを出してます。 ちょうど飼主さんから、愛兎の外の出し方について質問されたので、イナバの様子を実際に見てもらいました。

コロナのせいで

コロナのせいで、 一日中子供たちが家にいて騒ぐから、ルビーちゃんは自分の居場所を確保できない。 それでイライラして、ホリホリ、足ダンし続けて、 今日は3ヶ月ぶりの爪切りだったけど、全く爪が伸びてなかったよ。 あれ? 良い・・・

油断大敵

飼主さんにウサギのお腹の触り方を教えてもわかりっこない、という意見を聞くこともありますが、地道に診察時や勉強会で説明を続け、その重要性を理解して頂き、なんとなくでも習得(完璧な方も結構います)できた飼主さんが増えてくれた・・・

購入後直ぐは来なくていい、ただし…

春からヒトの新たな生活がスタートし、それに合わせて子ウサギを迎え入れる時期なのか、購入後間もない幼齢ウサギが健診目的で来院することが多くなってきた。 ちょっと待て。 生後1ヶ月ちょっとの未熟な状態で、母ウサギと引き離され・・・

去勢手術

ラピちゃんは1歳になる体重1kgちょっとのロップイヤー。 こんなに小さくて可愛いのに、アグレッシブな発情行動に出ます。 なんと横になっている飼主さん(女性)の顔に、オシッコをひっかけるそうだ。 これ、決して笑って済ませら・・・

勉強せずして飼うべからず

イヌ・ネコと違って、ウサギはペットとしての歴史は非常に浅く、家畜としての歴史が長い特異な生きものです。 家畜の特性とは、飼養効率が良く、早く成長し商品化できること。 言い換えれば、太り易くて、長生きする事を重要視しない改・・・

このページの先頭へ