「映画」の記事一覧

ギルティ

58作目 2018年デンマーク製作のサスペンス作品。 アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesで驚異の満足度100%は、是非観たいと思っていた。 そして、期待度超えました。 撮影手法としては2013年の「オ・・・

グリーンブック

57作目 2018年アメリカ製作の伝記作品。 第91回アカデミー賞では、作品賞含め3部門受賞した今年の話題作なので期待して鑑賞。 しかしながら受賞時、本作は物議を醸すことで話題にもなった。 論争を引き起こした原因は、60・・・

ブラック・クランズマン

56作目 2018年アメリカ製作の実話作品。 原作のロン・ストールワース刑事が執筆した同名自伝は、私途中リタイヤしてしまったので、映画の本作でリベンジ。 やはり当事者になり得ない立場からの鑑賞だと、「ゲット・アウト」と同・・・

スーパー!

55作目 脚本家・映画監督のジェームズ・ガンが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をヒットさせ、一躍有名になる前の2010年、独立製作による超低予算で作られたブラックコメディ作品。 映画評論家・町山氏が「タクシードライ・・・

殺し屋

54作目 2018年アメリカ製作のアクション作品。 初代ヘルボーイを演じたロン・パールマン、悪魔の子演じるだけあって非常に個性的な俳優だから、ずっと気になって彼の魅力が最大限発揮された特撮無しの作品を待ち望んでいたら、7・・・

T-34 ナチスが恐れた最強戦車

53作目 ハリウッド作品以外にも感動できる映画を観たいとなると、今までは韓国やヨーロッパ圏の作品だったが、今回初めてロシア作品を鑑賞、2018年製作。 これが、私的には2019年度のゴールデンラズベリー賞をほぼ決定づける・・・

家へ帰ろう

52作目。 2017年スペイン・アルゼンチン合作のドラマ作品。 70年間仕立て屋として暮らしたアルゼンチンからポーランドへ、ホロコーストの際に助けてくれた友人を訪ねる旅に出たユダヤ人お爺さんの物語。 旅先で出会った心ある・・・

エンジェル、見えない恋人

51作目 2016年ベルギー製作、透明人間と全盲の少女との恋愛ストーリー。 オッサンが恋愛ものとはキモい気がするが、視覚より台詞重視のストーリー展開で、脚本の言葉選びが絶妙、予想に反して大人仕様な作品でした。 オープニン・・・

ちいさな独裁者

50作目 2017年ドイツ製作、第二次世界大戦末期、敗色濃厚なドイツを舞台にした戦争作品。 偶然の成り行きで将校になりすました脱走兵が、自己の嘘を貫くうち、脱走兵収容所の指揮官の地位を獲得し、そこで繰り広げる狂気の世界。・・・

ある女流作家の罪と罰

49作目 2018年アメリカ製作、伝記作家リー・イスラエルの自伝「Can You Ever Forgive Me?」が原作。 売れない作家が、著名人の手紙を捏造して販売するビジネスに手を染め、FBIに摘発されるまでの物語・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ