「ウサギの生態」の記事一覧

ツンツン ヘコヘコ

患者さんに薬を飲ませる方法をレクチャーしたときの話。 「この子、よく私の足元をツンツンすることがあるんです」 「〇〇ちゃん年頃のメスだから、自分のテリトリーを守ろうと思って、飼主さんにあっち行って!って言ってるんだと思う・・・

糞のトイレトレーニングが上手くいかないのは

「尿はちゃんとトイレで排泄できるのに、なんで糞はそこらでこぼしちゃうの?」 という疑問を飼主さんから受けます。そうですね、だいぶ前に説明したきりでした。 「うちの子、排泄糞も食べるんです、変態なんですか?」 いえいえ、ち・・・

治ったけど、その後も用心

うさちゃんは11歳になるネザー婆ちゃん。 一昨年、前歯(切歯)の不正咬合になったが、1ヶ月毎にカット調節し、今年から噛み合うようになり、再び快適な咀嚼生活を送れるようになった。 11歳でも活発なうさちゃん。飼主さんが「ま・・・

換毛真っ只中 

たわしちゃん、半脱ぎ。

待ちに待った外

今朝涼しかったので、久々に愚息を外に出してやりました。 概日リズム取り戻せよー。 愛兎をできるだけ外に出して、陽に当たることを日課にしてあげてください。最初のうちは怖がるだろうけど、直ぐに慣れて、外に出ることを楽しみに感・・・

自らキャリーに入る

ある飼主さんのウサギは、調子が悪くなると自ら進んでキャリーに入り、当院へ連れてきてもらうという。 うそ? そんなことはないと思う。 ウサギには、自分が病気になり、治療してもらい、治るという概念はありません。体調が崩れて、・・・

一緒に寝る

ここまで飼主さんを信頼して身を委ねるって、被食者で用心深いウサギでは珍しいことだと思います。うちの愚息は絶対無理。 ちなみに目が開いてますが、ウサギはあれで寝ています。

雌ウサギの繁殖寿命

今朝の地元新聞から 犬猫交配、原則6歳まで 環境省、業者飼育数も制限 こういう記事を目にすると即座にウサギなら、と考える質なのですが。一般的に雌ウサギの繁殖寿命は3歳までと考えられていますから、イヌ・ネコはウサギの倍の寿・・・

ウサギの耳介

耳介血管の熱交換による体温調節を効果的にするため、もともと身体の他部位と比べ被毛が薄いです。 耳介にみられる抜け毛やフケは、換毛に伴うものや生理的なものとされていますから、治療を必要としないことが殆どと考えます。逆にこれ・・・

ズレるから、やめろっちゅうに

愚息元気です。 いつも通り近づくと、なんかくれ〜と興奮。 勢い余ってケージを噛む。 これやると歯がズレるから、やめろっちゅうに。ウサギ相手に足ダンするオッサンは、傍目に相当滑稽だろう。

このページの先頭へ