「ウサギの生態」の記事一覧

超技巧派

午前診療時、ととちゃんの飼主さんからのスクープ! ととちゃんが給水ボトルから飲水している画像(本当は動画で見せたい)。 一見下手くそ。いいや違うぞ、実は超技巧派。給水ノズル先端から一部顔を覗かせたビーズを上切歯歯茎に押し・・・

ストレスいろいろ

午前中に来院した2匹。 あずきちゃんは1歳オス。新たな同居ウサギとそりが合わず、イライラしちゃって軟便傾向だったが、離して飼うことで解決した。 ととろちゃんも同じく1歳オス。先週ケージ内の設置物を交換したら、それから食欲・・・

イヤガラセ

あるオスウサギを飼う飼主さんからの相談。 最近いつもと違う場所にオシッコをひっかけるようになった。気がついたら直ぐにキレイに掃除する。尿の痕跡が一切無くなるように、洗剤と消臭剤を使って苦労して掃除したのに、イヤガラセのよ・・・

常勝してたのに負けることも

ウサギのコントロール。 毎回勝負だと思って、飼主さんには必ず勝ってもらいたい。しかしウサギだって彼らなりに経験を積めば、新たな方法見出して逆らってくるかも。例えば彼らは威嚇反射のない生きものだが、何度も捕獲される経験から・・・

無神経な人間にアドバイス求めちゃダメよ

飼主さんに、ウサギのコントロール法説明すると、その流れから自然に躾の話になる。 ペットにおける躾とは、飼主さんがリーダーとなりペットを従わせることだが、私は一方的な服従とは違うと思っている。飼主さんが、ウサギという生きも・・・

肝吸い

このところオスウサギの去勢手術が続いていた。 術後、飼主さんには摘出した睾丸をしっかり確認してもらう。その上で、まだ血中に男性ホルモンが残っているし、途中の管に精子が残存しており、術後しばらく(1ヶ月くらい?)は発情・交・・・

凶暴なウサギは

最近元気過ぎるというか、横暴というか、凶暴なウサギのしつけ相談が続いた。 ネザーランドドワーフが多い。彼らは最小小型種故防衛本能や警戒心が強く、それが過剰な攻撃性の原因になる。可愛い顔して、飼主さんとすれ違いざま本気で噛・・・

半袖が

イヌ・ネコに比べればウサギは危険じゃないといっても、彼らだって必死になれば飼主さんはやられます。 一日中多くのウサギに触れている私やスタッフの腕も、いつもこんな感じです。 ウサ飼いの皆さんならわかると思いますが、噛みつか・・・

無心

薬を飲ませたり、目薬さす上手いやり方ありませんか?しょっちゅう尋ねられます。 もちろん最初に実演して、携帯に録画までしてもらい教えていますので、技術的なことはそれ以上ありません。精神的なことで助言するなら、愛兎に気づかれ・・・

しゃっくり動画頂きました

オンラインセミナーに参加して頂いた飼主さんから、愛兎のしゃっくり動画を提供して頂きました。 ネット上で「うさぎ、しゃっくり」と検索すれば容易に見つかるから、そこから頂戴することも可能なんですが、無断利用、それも診療業務で・・・

このページの先頭へ