「ウサギのケガ・病気」の記事一覧

飼主さんの対策

先日レントゲン画像紹介した股関節脱臼のウサギ。 飼主さんは飼育環境にマット敷いて、愛兎の歩行負担を和らげる対策を講じた。 こういう対策は、治療以上に患者さんの生活を快適にしてくれていると思う。私も報告して頂けると嬉しい。・・・

夜間判断

当院の休診時間である夜間、年中無休でお世話になっている夜間動物緊急診療所は、私が所属する(公社)名古屋市獣医師会が運営する動物病院。 読んで字の如く、夜間突発的に生じた緊急事態に備えた動物病院で、ウサギで一番お世話になる・・・

推測

突然食欲がなくなった患者さんを血液検査すると、肝臓の数値が大上昇している場合があります。 若くて普段健康な個体ならば、原因として肝臓に毒となるモノを口にした?を疑い、飼主さんにウサギが直近に食べたモノ、イタズラ食いした可・・・

優先順位

絨毯の毛を悪戯喰いしてそれが糞に混ざる、それに絡んで軟便・下痢便するウサギがいる。 どうしたらいいのか?悪戯喰いする要素を排除するしかないのだから、そのウサギの飼育環境から一切のカーペットを排除する。フローリングとスノコ・・・

実験のような

慢性腎不全のハルちゃんの飼主さん夫婦は、治療当初からずっと詳細な飼育記録を取っている。 それを診察のたびに提出してくれる。毎日の尿量なんてどうやって?私から一切助言がなくても、自ら考えて測る方法を編み出した。 まるで研究・・・

股関節脱臼

ヒトの場合では、例えば自動車事故の際に、膝がダッシュボードにぶつかった場合に起きやすいとされています。イヌ・ネコでは、高所からの落下や交通事故など、股関節に強い力が加わることで起きます。両者とも事故ですから、ほぼ確実に受・・・

悲観に暮れず、悲壮感も無く

先天性に背骨が湾曲しているウサギ。 見た目の姿勢や歩行が正常化することはないが、飼主さんは悲観に暮れることなく、愛兎が苦痛なく少しでも快適に生活できる飼育環境の提供など、やれることを確実にコツコツやってくれる。取り組む飼・・・

私も飼主さんも緊張

今年最初の診療がスタートしましたが、朝から緊張度の高い患者さんが続けて来院してます。 治療が上手くいかないと、当然私も飼主さんと同様に落ち込みますので、年初からそんな気持ちにならないよう、慎重に警戒心を持ち、スムーズであ・・・

口の中は定期的に診ない

当院、臼歯(口内)の処置は基本無麻酔で行なっています。 人間だって歯科医院が好きなヒトはいないでしょう、怖いもの。まして愛兎ならば、理由もわからず押さえつけられて、無理やり口の中に道具を入れられて、歯を切られるのですから・・・

推測

瞼の内側に牧草が入ってしまって、角膜を損傷したウサギ。 自宅の飼育環境の画像を見せて頂いた。画像のような牧草給餌形態。 ここからはあくまでも私的な推測。ウサギは1日に大量の牧草を摂取する生きもの。ガツガツモリモリ勢いよく・・・

このページの先頭へ