Archive List for ウサギ雑記

白状します

動物アレルギー発症を理由にペットを飼うことをやめたと、伴侶動物はイナバで最後と過去に宣言したことがあります。 もう飼わないと決めた本当の理由は別にあります。白状します。以下に述べることを獣医師である私が言ってしまっては、・・・

痩せましたー

1月下旬 1.95kg ペレット過多で太り過ぎ。このまま歳取ったら将来不安だぞ! ということで当院式ダイエットスタート。先ずは現状のペレット給餌量から、1ヶ月かけて25g/日へ。 3月中旬 1.8kg(-150g) おっ・・・

ウサギの気持ち

ワタシは動物病院が大嫌いです。 イヤなことばかりするオッサンが、遠慮なく身体の隅々触り、ときに拘束されて、痛みの伴うイジメをしてくるからです。いつも優しい飼主が、そのときばかりは憎いオッサン側に立ち、自分が痛ぶられる様子・・・

テリトリー内で

診察スタート時、患者さんのカルテを確認し「今日は〇〇かな?」と、こちらが予測して訪ねたのに、「はい、そうです」という同意ではなく、わざわざ復唱して「〇〇お願いします」と言うのおかしくない?会話の流れ的に非常に気色悪い思い・・・

サークルやケージ内じゃ無理よ

ウサギのコントロール、ブラッシング、投薬、強制給餌など、飼主さんとの主従関係が構築されていないと難しい手技は、それを実行する場所によって難度も変わります。 ウサギの立場に立って考えれば、己のケージとサークル内は最後の砦、・・・

ウサギコースター

手術し無事退院となったウサギの飼主さんから、手作りコースターを頂きました。 早速晩酌時に使わせて頂きます。ありがとうございました。

老化を考える

ウサギも老齢になると、食べて、寝て、排泄するだけの生活になっていく。 老化は、体力の減少と神経伝達機能の低下を招来します。老いた身体は、体力の消耗を必要最小限に留めるために、あらゆる活動を制限します。生きていく上で必要な・・・

ホイップクリーム絞り

飼主さんの自家製強制給餌アイテムとして、100均で購入したホイップクリーム絞りを紹介してくれました。 有りだと思います。

頻忙

昨日は「大丈夫か? うちの病院」というくらい暇な一日だった。だから読書したり・YouTube観たり・ベース弾いたり、個人的には充実した時間を過ごした。。。洒落ですよ、真に受けないでね。 そして今朝。。。 診療開始1時間前・・・

モンタ

あまり身内のウサギの話はしたくないが。。。 この子、本当に変わったウサギなのだ。被食者としての警戒感や繊細さが全くない、本当にない。加えてイヌのように懐っこい。ツンデレな部分が全くない。いつも飼主との触れ合いを全力で喜ん・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ