「ウサギ雑記」の記事一覧

顎下剃り

最近バリカンネタが多いが。 飲み食いが下手で顎下を汚しやすい子、短頭種のウサギ(ネザーやロップ)に多いと思いますが、その対策の一つとしてバリカン剃りがあります。

獣医師がうっ滞

週末診療の朝。 昨日手術したウサギの飼主さんから、超美味しそうな干し芋頂いたので、朝のコーヒーと共に少し食べよう。。。が、気がついたら完食してしまった。 腹が張る。溜まったガスを気持ちよく出したい。出せばスタッフに殴られ・・・

記憶

愛兎の記憶能力ってどれくらいでしょう? 直接ウサギに聴取することが不可能ですから、なかなか確認することが難しいと思いますが、私的には結構覚えていると感じます。 例えば当院では3ヶ月毎の簡単な爪切り健診と、年1のレントゲン・・・

真っ黒なエゾナキウサギ

北海道の写真家 佐藤圭さんが、新種? 突然変異? のエゾナキウサギを発見。 スクープ! 新種発見か!? 真っ黒なエゾナキウサギの撮影に成功 何故か本文読んで最初に探したのがこちら。 本家のLIVE AIDでの勇姿知ってい・・・

飛行機に乗せる

企業に勤める方の転勤は、決算時期となる3月・9月が多い。そして翌月の10月になっても一部続いているようで、今日も2人の飼主さんが引越し先へ愛兎と向かう前、最後の来院をしてくれました。移動前に余計なストレスかけないよう軽く・・・

指示が無くてもサッと動く

当院の常連飼主さんから、スタッフを誉めて頂きました。先生が指示を出さなくても、スタッフが自ら考えて動いて補助している、感心したと。 2人のスタッフ、共にウサギ診療10年近いキャリアがあります。診察中の私と飼主さんの会話に・・・

反射神経

ウサギは正面からの攻撃に疎い動物です。 だから正々堂々と正面から向かえば、割と容易に捕まえられると説明して、実演もして教えてます。実演は飼主さんの愛兎で行ってますから、その都度各個体の性格も読んで私は判断しています。なか・・・

復活

昨夜の診療後、突然の鬱滞でしんどそうでした。 一回腸閉塞やると癖になるのか、歳のせいなのか、今年は多いです。もちろん飼養には気を遣っているし、その都度早期に発見して、治療に反応してくれるので、今のところは無事です。 今朝・・・

舐められたら終わりですぜ

ウサ飼い初心者には、実際に飼主さんの愛兎に協力して頂き、コントロール・抱っこ、薬の飲ませ方、強制給餌等、実演してお見せしています。 その様子をスマフォで録画してもらい、自宅で何度もシミュレーションして、いざ本番では失敗の・・・

愚爺人気

初めて当院を訪れる飼主さんのなかには、事前に本ブログを読み込んで、イナバファンになってしまった方もいる。 診察中、何も脈略のないところで「イナバくんに会わせてください♡」と頼まれても、絶対に会わせない。うちの愚爺は客寄せ・・・

このページの先頭へ