「ウサギ雑記」の記事一覧

里山のウサギ

休診日によく行く温泉がある公園入口に、年明けから干支だからとウサギのオブジェが登場。 最近少しほころんできた。陽が落ちてから見ると。。。不気味だぞ。

読んでも聞いてくる

最近はブログを読んでくれてる飼主さんが多い。それはとても嬉しいことだけど。。。 受診時にわざわざ時間割いて、再度確認してくるのはどうして? 「ブログに書いてあった◯◯〜、あれって本当なんですよねぇ?」 主観と前置きしたも・・・

手付金払って生後2ヶ月まで置いといてもらう

相変わらず生後1ヶ月ちょっとで売られている子ウサギが多いようだ。 せっかく本ブログ読んでその危険性を認識したのに、どこの販売店行っても未熟な子ウサギしか売ってないから、仕方なく購入して、案の定下痢して来院される。 ならば・・・

トリミングがあってもいい

いきなりだけど愛兎のブラッシングは大変だ、全く終わりが見えない、あ〜大変だ。 換毛期の春秋2回、必死になってやり切れればいいが、2回で終わらすことはまず無理。私的に飼主さんに勧めるのは、毎日短時間、例えば1分だけやり続け・・・

凄い老ウサギ

モイモイは今年14歳になるネザー。 今朝、診察台に乗せると私に飛び掛かろうとした。白内障で見えてないのに、ちゃんと照準を合わせて。 9年前に子宮癌の手術をした以外、病気らしい病気を一切していない。そう、モイモイはメスなの・・・

これやるとウサギに嫌われます。。。私が

「うちの子、大人しくしてくれてるわ〜」と、診察中の愛兎をうっとりした目で見つめている飼主さん。 それ、勘違いでっせ。 私は彼らの身体を触るので、その硬くなった様子から相当緊張していることがわかります。ギリギリ限界まで我慢・・・

イナバごめん、忘れてた

Iさんが久々に来院。 「せんせい、明日ですよね?」 「えっ、誕生日? 10月だけど」 「違う違う、イナバちゃんの命日っ」 申し訳ありません。自分の子供の誕生日も油断すると忘れてしまういい加減な性格、恥ずかしながらイナバの・・・

卯年セールに乗せられるな

もう何件か相談電話が来てます、ウサギが下痢したと。 聞けば、先日生後1ヶ月ちょっとで向かい入れたと。その時期は、まだ母ウサギの保護下で生活していないといけません。母との別離、飼育環境の変化、飼主下での生活という度重なるス・・・

小型化

たぶん当院の患者さんで最小の540g。 四半世紀前にウサギ診療始めた頃はネザーなら1kg前後、ロップやレッキスなら2kg以上はあったと記憶する。それが飼主の好みによって、小型改良が進み現在に至る。 小さい動物はヒトの母性・・・

何故かこの時期に

例年だと年の瀬に、久方ぶりの来院をする患者さんが幾らかいらっしゃる。 個々にその理由を尋ねることはできないし、自分の不粋な推測なのだが、たぶん愛兎の症状、ずっと気にならなかったのに1年の終わりに急に心配になって来院された・・・

サブコンテンツ

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

このページの先頭へ