My Funny Valentine

大好きな映画「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」のサントラ曲として知って、チャット・ベイカーにたどり着いた曲。

ここではフランク・シナトラの声で和訳。

チャット・ベイカーはトランペット奏者だったが、東儀秀樹の雅楽バージョンもある。

今の世の中、こういう謙遜表現は理解されず、そのまま真に受けて怒り出す人間が多そう。

to T

1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ