ジョン・ウィック:コンセクエンス

娘が「ディスク発売されたら速攻で観てっ!!」と急かすわ急かすわ。

パート1を、親子で劇場鑑賞してから8年以上の歳月が流れ、主演のキアヌ・リーヴスも60歳となった。
映画界に革命を起こしたガンファイトもこれで見納め。
当初は3部作になる予定が、シリーズが進む毎にその勢いは衰えず、結局この4作目で完結となった。
同時進行で撮影されていた「マトリックス レザレクションズ」が、当時のアメリカ世相に配慮して不発だったので、一抹の不安を感じながら鑑賞スタートしたが、上映時間169分全くダレることない大傑作だ。
シリーズ全ての監督を務めたチャド・スタエルスキは、元々「マトリックス」でキアヌのスタントマンを務めていた人物だが、彼はジョン・ウィックで偉大な業績と成功を収めた。

これは現代版ウエスタン映画だ。いや、座頭市もあるな。

娘よ、父は観たぞー!
お前、まさか劇場でエンディングロール流れ出したら退場してないだろうなー。

1つ星 (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ