アポロ死す

ボクシング映画の金字塔「ロッキー」で、主人公ロッキーの宿敵 アポロ・クリードを演じたカール・ウェザースが亡くなった。

ロッキーを演じたシルヴェスター・スタローンは、この作品を機にハリウッド映画界の重鎮にまでなったが、カール・ウェザースはアポロが代名詞のまま逝った。
最初の作品が上映されたのは1976年、当時小学生2年生だった筈なのに何故か鑑賞した記憶があり、この映画で闘争本能と恋愛感情の発露(あのラストシーンですな)を学んだ。
本作は6話まで続編が続き、2015年にはなんとアポロの息子を主人公にした「クリード チャンプを継ぐ男」が上映され、これも現在までに3作続いているが、私的No.1は中3のとき学校サボって劇場鑑賞した「ロッキー3」だ。
このエンディング最高だわ。

R.I.P.

1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ