踏む

ウサギを家内で自由飼育できないもう一つの理由。

飼主さんの踏みつけ事故が多い。
イヌ・ネコのように鳴かないで、彼ら以上に気配を立てずに飼主に近寄るウサギだから、飼主さんが気がつかぬ間に足元に接近している。
ヒトの全体重が、小さな、骨の脆いウサギの身体にのしかかったら。

下手すると飼主さんが愛兎殺すことになってしまいます。

1つ星 (8 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ