暴れた方が安心

ウサギは言葉を発してくれないので、体調が悪いとき、それがどの程度のものなのか推測するのが難しい。
気分が悪いとか、ぼ〜っとするとか、身体がダルいとか。

一通りの検査・診断を終えて治療に入るとき、ウサギの抵抗具合から、ああ、この程度の元気はまだあるんだと確認できる。

そういう意味では、治療中暴れてくれた方が安心。
逆に暴れん坊が神妙だと、私は警戒します。

1つ星 (17 投票, 平均: 1.00 / 1)
Loading...

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ