HIGHWAY TO HELL 1979年7月

今年は、名盤「HIGHWAY TO HELL (地獄のハイウェイ)」リリース40周年。

ジャケットデザインとして傑作、いまだTシャツ等で人気なのが頷ける。

ここに来てバンドは、1979年7月13日のオランダTV番組「カウントダウン」の動画を発表した。

先日読破した「誰がボン・スコットを殺したか?」によれば、バンドの成功と比例して、ボーカルのボン・スコットはアルコールとドラッグに身体を蝕まれ、それが表面化していた時期。
全てを投げ、逃げ出したいのに、せっかく掴みかけた成功を思うと留まることしかできず、この7ヶ月後、彼は亡くなる。

翌1980年、ブライアン・ジョンソンのボーカルで「バック・イン・ブラック」は発表されたが、噂ではボン・スコットの声によるデモ音源が存在しており、バンド側が門外不出にしているとか。
本当なら、レイ・ギラン音源ブラック・サバスのアルバム以上に衝撃。
世にあるなら出してほしい!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ