BACK IN BLACKよりラウド?!

マスタリング・エンジニアでダイナミック・レンジ・デイ代表のイアン・シェパードによれば、ポピュラー・ミュージックのさまざまな作品の音量などについて比較分析などを行った結果、テイラーの『1989』にはDR6という評価値が与えられ、たとえばAC/DCの『BACK IN BLACK』(DR12)より遥かにラウドな作品になっているという。

うっそぉーん!

ライブでは確実にこっちがラウド。

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ