1983年 キッス素顔明かす

ここ数日、仕事以外の時間はキッスの毒に侵されて、様々な思い出を懐古しております。

前述の如く、1977年に初めて観て以来ずっと夢中なのですが、1983年私が中学3年生のとき、とんでもない事件が起きました。

なんとキッスが素顔を明かした。

36年前のその日、1ヶ月前から予約してあった新作LPを、下校途中のレコードショップに買いに行ったわけですよ(もちろん校則で登下校の寄り道は禁止されてた)。
当時、ラジオリスニング少年でなかった私の事前情報源は、毎月発行される音楽雑誌のみで、そんなもの情報無しに等しい。
ショップでとりあえず手に取った新作はこんな感じでした。

その場でぐずぐずやってると生活指導の先生に捕獲され、未聴のままお宝没収されるから、細かな確認もせぬまま胸躍らせて帰りました。
そして帰宅後、自室に速攻篭って改めてご開帳。
そうしたらアルバムデザインだと思っていた表紙が実はカバーになっており、それをめくると本来の表紙が現れることに気づいた。
恐る恐るめくってみたら。。。

そりゃあなた、おったまげーっ! ですわ。
このときの衝撃体験以来、どれだけ他の方の素顔が暴かれる場面に遭遇しようとも、動じない覚悟が備わったと自負しております(問題発言か?)。
後日、当時唯一の洋楽情報番組だったベストヒットUSAで、素顔の彼らが動く姿に対面した私。
気がつけば涙しておりました。

それが現在のネット社会では、ちょっと探れば当時の海外ニュースや

アルバムのデモまで聴けちゃうんだから。

欲求は際限なく満たされるけど、幻想は抱けなくなるな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ