陰謀論?

動画を観る限り、信じられないような内容なのに、説明はまともに感じてしまう。

始まりは、中国武漢の重症肺炎患者の肺の体液から遺伝子構造を決定。
その情報を用いて、ドイツのベルリン医科大学のドロステン教授がPCR検査法を確立し、WHOが認証。
それが世界中で新型コロナ感染症の診断ツールとして用いられて、現在(1/24)までに9874万人が陽性者=感染者としてカウントされている。

更に驚いたことに、これらの世界的状況を問題視してドイツのコロナ調査委員会が、ドロステン、ドイツRKI長官ヴィーラー、テドロスWHO議長を相手にクラスアクション(集合代表訴訟)に踏切った。
この告発文を読むと、とんでもない訴えが書かれている。

ドイツ・コロナ調査委員会による告発―PCR検査による偽のパンデミックは、人道にたいする罪だ

これ、日本では全く報道されていないので、最初読んだときはフェイクニュースかと思った。
今でもブログに書きながら、騙されてるのか心配になるほど。
今後の訴訟の進展が気になります。

1つ星 (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ