豚インフルエンザ

中国で新型の豚インフルエンザ「G4」が確認されたようだ。

先日読破した「インフルエンザ・ハンター」によれば、H1N1型パンデミックを最初に確認したのは1918年のスペインかぜで、このときの感染死者数は5000万人。
当時の世界人口およそ20億人、なんと40人に1人が亡くなった。
大戦中であり抗生物質がない時代だったとしても、凄い数字だ。

そして同型の90年ぶりの再来が2009年で死者数は15〜57万人とされている。
このときはスペインかぜのときのように、第2波の強毒ウイルス襲来がなくてよかった。

今回のウイルスはこのH1N1型に由来するが、まだヒトからヒトへの感染は確認されていない。
今後に要注意なのだが。。。

コロナコワイがこっちに注目しないのは、上っ面だけの情報に踊らされているからなんだろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ