蟋蟀は鳴き続けたり嵐の夜

私的には、昨年の緊急事態宣言以降できあがった全体主義の空気が不気味過ぎて、その誘発言霊を連発した知事に最も警戒心が沸いた。
ずっと続いたモヤモヤが、やっと晴れる兆し。

しかしこの現在集まり出した支援の声すら、一時の盛り上がりの空気で、時間の経過とともに薄れていくのではないかと少し猜疑的。
だから裁判の行方をしっかりレポートしたい。

1つ星 (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ