炎の色

ピエール・ルメートルの「天国でまた会おう」の続編で、全三部作の第二作。
ほぼ二日徹夜で読破した。

前作から引き続き登場するのは、資産家マルセル・ベリクールの娘マドレーヌと、その夫ブラデルの元部下デュプレの2人。
主人公はマドレーヌ、彼女の最下層からの復讐・復活劇が痛快な本作。

期待の第三作は時代が第二次大戦下、エドゥアールの友達だった少女ルイーズが主人公だとか。
気力体力充実下で読みたい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ