本当はこわくない新型コロナウイルス

相変わらずコロナ関連の本を読み漁っているが、本書が最も一般向けに推奨できる一冊と思う。

感染症、免疫、ウイルス、公衆衛生、様々な分野の専門家がコロナ関連書籍を上梓し自論を展開するが、提供する知識の取捨選択を誤り難解になったり、世論に叩かれるのを怖れ?言説がはっきりしないものが多いなか、本書は新型コロナウイルスの実像、世界と日本の感染状況の差、対する人間の免疫機構、有効な対抗策を実に分かりやすく説明してくれる。

いまだ感情的な情弱人間が世の流れを支配する日本では、こんな分かりやすい書でも誤読せず読まれることは期待できない。
困ったことにウイルス感染症は、分かるヒトだけ分かれば良いでは済まない。
理解できない人間が多ければ、分かるヒトも被害を受けてしまうから。

まさしく “バカは隣の火事より怖い” だ。

1つ星 (8 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ