木村花死去

ただ驚いてしまった。

先日偶然目についた女子プロレスの動画観て、さらっと流すつもりがひとりの選手に見惚れてしまい、華のある女の子だなぁ〜と思って、続けて彼女の闘う試合を追った。
ジジイが娘ほどの選手を好きになったなんて気持ちわる過ぎるから、密かに胸の内で応援する女子レスラー、それが木村花選手。
コロナ自粛の暇潰しで出会えた有望株だったのに。

テラスなんちゃらとかいうリアリティ番組に出演したことで、SNSでイジメにあっていたことなど知る由もなし、彼女のような将来性ある人物に何のイジメ要素があったのかも理解できない。
無知なオッサンの想像で察すれば、マトモに生きていけないダメ人間の妬み・嫉み・僻みに深く傷つけられてしまったのだろう。

人間なんて長く生きてれば、○○な奴やら○○な奴、信じられないくらい○○な奴、己の純真が通用しない関係性なんて嫌というほど経験するし、わかり合おうなんて無理と悟って視界から消す事も多々あるし、ときには妬みや嫉みすら心地良くなるほど図太くなれる、ならないと生きていけない。
ああ、その心の持ちよう教えてあげれば生きてくれたのか?
それともイジメがオッサンの想像絶するものだったのか?

彼女が突然亡くなったことで、その純真さが余計に大きく、眩しく、か弱く思えて、ただただ辛い。
こういう事例が常態化しないように、彼女を死に追いやった人物たちは制裁を受けるべきでしょう。
でないと娘に先立たれた親の気が治まらんよ。

補足)
ある事情通によれば新型コロナの影響で、上述番組の配信が悪いタイミングでストップしたことでSNS上の誹謗中傷が持続化し、彼女の本業のプロレス活動も制限されて、結果SNSに向き合って心を痛める悪循環があったと指摘。
非常宣言下の生活が一要因になったのだとすれば、本当に可哀想で悔やまれる話だと思う。

1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ