妊婦にPCR検査は?

最近読んだ表題に関する情報で、驚いたことが2つ。

発端は「全妊婦へのPCR検査実施を求める緊急署名」が内閣府と厚労省に提出され、結果国が妊婦本人が希望した場合のPCR検査費用を補助するこにしたこと。
しかし、それに真っ向反対したのが現場の産科医である室月淳氏で、

「決してPCR検査を希望してはいけない。
 無症状の妊婦さんに万が一陽性が出ても、9割以上が非感染だから」

と訴えた。
PCR検査が正確さに欠けることは知っていたが、無症状だと検査陽性でも9割以上が非感染とは驚いた。
その考えの根拠は、罹患頻度が0.1%にも達しない現在の状態で、コロナPCRの感度70%、特異度99%で計算すると、陽性反応が出た人のうち、本当にコロナに感染している人は10人に1人以下という計算が成り立つため。
・・・アホな私にはイマイチわからん。
そこで医療法人社団悠翔会の佐々木先生の解説に頼る。

PCR検査は増やすべきなのか?

ふむふむ、理解した、どうやら間違いないようです。

そして、そんな不確実性の高い検査で陽性になった妊婦が受ける対応は?
現在新型コロナウイルス感染症は指定感染症故、指定病院に入院隔離させられ、なんと帝王切開による出産を強いられる。
術後は、せっかく生まれたのに赤ちゃんと2週間隔離、そしてその間母親は断乳だ。

怖っ!

一部の国民が感情的になって国を動かした結果がこれだ。
いまだにTVでも、素人判断で検査の必要性を訴える意見がまかり通っているが、一旦国を動かしたらこういうことになる危険性を熟慮してるのか?

(私的独り言)
重度コロナ恐怖症の〇〇の身重の奥さん大丈夫だろうか?
〇〇は短絡思考のアホだから心配だわ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ