変わらないとダメ

マスコミや行政は第8波突入を宣言して警戒心を煽っているが、実態はこういうこと。
私もエクモネットの推移は観て知っていました。

そこで遅ればせながらアレについて考えてみました。

私的には一応真剣に仕事に当たっているので、アレを着けてると眼光だけが鋭く見えて、ただでさえ不機嫌に見られる顔つきが強調されるし、私がどういう心持で対応しているか飼主さんは捉え辛いと思います。
初診で来られた飼主さんには、特に印象が悪いと思います。
私の説明をどれくらい理解されたのか、飼主さんの表情も掴み辛いです。
ウサギを診る仕事であっても、大切なのは飼主さんとの関係性構築だから、これは由々しき事態なのです。

アレは、私の動物アレルギーによる鼻洪水を隠す以外に利用価値がありません。
不衛生な処置をする際は手袋するようにしていますが、それでも思わず汚れた手でズレたアレを触ることもしばしばだから、私的には不衛生極まりないとも思っていました。

だから先週から外してます。

診察室に入ってギョッとした方は申し出てください。
飼主さんに恐怖心抱かせてまで意固地になるつもりもありません。

ただ、アレの効果が実際あるのかないのか、いい加減個々が考えてみるべきだと思います。
世間や行政に委ねても変わりそうにありませんから。

アレは、症状のあるヒトが、他者に迷惑をかけないよう使用するのが、本来の利用法だった筈で、それはコロナであっても変わらないと思います。

1つ星 (7 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ