償いの酒盛

先週土曜休診時間、ジムに行ったら久々に錦のBar・コリンズバーのマスター(彼もジム生)に会った。

当然スパーリングで手合わせして、寸止め厳守当り禁止なのに、私が張り切り過ぎて、2発ほどまともにマスターに当ててしまった。
自分の未熟さが露呈した、本当に申し訳ないと、その日夜、彼の店に顔だして償いの酒盛。

全然気にしていなかった器の大きなマスターと、遅くまで楽しんだ。
そして次日結構な二日酔い。
あれっ、次日って、大事な “あれ” でしたよね。
そこは支障来さず、しっかりやりました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ