信頼を損ねても

ヒト其々、個々に様々な一面を備えているから、一つの言論で感銘を受けたとしても、全てにおいて尊敬できるといえないのは当たり前だ。
しかし当たり前なのに、実際落胆する一面を見てしまうと、その人物の信頼度は総じて下がる。

コロナ禍で私的理論の支柱になってくれた2人の研究者。
1人は討論会で、まるで子供のような癇癪を披露して、その口論技術の拙さに失笑させられた。
もう1人も、元々話し出すと長くなるきらいがあって気になっていたが、政治活動に首突っ込むようになってしまった。

自分も欠点だらけの人間だから責めるつもりはない。
コロナ禍八方塞がりの社会で、2人が理論で光を射してくれた事実まで貶められることがなければ、私は斜に構えて見てられる。
そろそろ2人のコロナ禍での社会的役割は終わったのかもしれない。

1つ星 (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ