ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

4作目

2019年アメリカ・イギリス合作のコメディドラマ作品。

クエンティン・タランティーノ監督による、1969年のシャロン・テート殺害事件を題材にした作品とだけ知った状態で鑑賞スタート。
事件発生に向かって徐々に暗い思いが募っていったのだが、クライマックスなんとそうなったかと唸ってしまった。
なんだかほっこり幸せな気分。

昔の映画オタクなら嬉しくなるようなオマージュ満載なんだろうけど、たぶん全ては見つけられていないのが悔しい。
ネット上でもシネマリテラシーの有無によって評価が分かれており、およそ3時間に及ぶ上映時間、だれる事なく楽しめた自分はとりあえず合格?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ