リンチより討論で

新聞で確認したが、それからTVでこれほど大きく報道されるとは驚いた。

問題となった「さざ波」は、元を辿れば元厚生労働省医系技官・木村盛世が発した言葉だから、彼女に訊きに行けばいい。
聞いて感情を逆撫でられる者が一定数いようが、言っていることは嘘や誇張でもない、森喜朗の女性蔑視発言とは明らかに次元が違う。
国民のストレスも相当溜まっているが、不健全なリンチに走るより健全に討論したらどうだろう?

漫画家の小林よしのりが対談オファーしたというから、テレビ朝日報道局局員の玉川徹は正々堂々と受けるべきだ。

より専門分野で意見交わすなら、
京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授・宮沢孝幸と白鷗大学教育学部教授・岡田晴恵
大阪市立大学医学部名誉教授・井上正康と日本医科大学特任教授・北村義浩
京都大学大学院工学研究科教授・藤井聡と同大学大学院医学研究科教授・西浦博

現場の立場では
日本赤十字社医療センター医師・出雲雄大と日本医師会会長・中川俊男

コロナ恐怖論TVコメンテーターに対して、作家・泉美木蘭、フリーライター・中川淳一郎、AV監督・村西とおる、芸人・ほんこん、実業家・堀江貴文を当てればいい。

TVでは偏向報道が懸念されるので、ネットで存分にやってほしい。

そして高橋洋一は、国際政治学者・三浦瑠麗や兵庫県明石市長・泉房穂と組んで、政府コロナ対策分科会会長・尾身茂、東京都知事・小池百合子、大阪府知事・吉村洋文と思いっきり討論すればいい。

東京オリンピック前にストレスは一掃されると思う。

1つ星 (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ