ニュースの見方

短絡・浅い頭で観れば色目の変わるスプレッター以上、全体の77%が感染を広げる無症状感染者に見える。

しかしよく観れば “マスクなしでの会話・会食で容易に感染させる” 領域はスーパースプレッターのみなので全体の34%だ。

昨年の早い段階からPCR Ct値の問題を指摘していた宮沢先生は、無症状感染者が家族内感染成立させるのはディープキスしたときぐらいだと発言、高過ぎる日本のCt値下げろと叫んだけど、異端扱いの苦汁を飲まされた。

本人曰く

「今頃ですか!
去年の3月、遅くとも4月に言って欲しかった。
PCRの意味を良く考えて対応して欲しいと繰り返し言ってきたのですが、聞き入れられませんでした。
ホテル隔離者のほとんどは無駄だったと思うし、濃厚接触者の扱いで混乱することもなかったはず。
健康なのにPCR陽性で困った人も多いはず」

◯◯が一周遅れで自分発信の意見のようにTVでコメントする様は、宮沢氏にとっては相当腹立たしいと思う。

ちなみに、いざと言うときの責任逃れのため、国は2月にCt値を35以下にせよという指導通達を各検査会社に出している。
なのに、いまだに40サイクルのままなのは、検査会社にとっては陽性者がより多く出た方が、儲けの多い商売が続けられるからでしょう。
検査の正確性より利益を優先する業界の内幕まで、ニュース番組なら暴いて、視聴者唸らせてみろよと思う。

更に、その頃添付したYouTube動画は、ことごとくデマ認定されて削除されており、言論弾圧されているのがよくわかります。

どいつもこいつも。。。

1つ星 (7 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ