ナイトクローラー

アマゾンのオススメに勧められるまま鑑賞してみました。
ロサンゼルスで起こる事故、犯罪や火事をフリーランサーのジャーナリストとして撮影する主人公のサクセスストーリー。
と言っても、主人公が社会病質者だから、非常に怖い作品になっている。
人間はある程度利己的な生きものだと思うが、ここまで徹底した利己主義は、常人の想像外だから怖い。
主演のジェイク・ジレンホールが本作のためにげっそり減量し、病的な役どころを好演している。

サイコパス(精神病質者)とソシオパス(社会病質者)の違いは、前者が先天性で犯罪に計画性があり、罪の意識がない。後者は後天性で衝動的で無計画な犯罪を犯す。

映画の役で例えると
サイコパス
『ノーカントリー』のアントン・シガー
『アメリカン・サイコ』のパトリック・ベイトマン
『ヘンリー ある連続殺人鬼の記録』のヘンリー・リー・ルーカス
『デクスター 警察官は殺人鬼』のデクスター

ソシオパス
『ダークナイト』のジョーカー
『ヘザース ベロニカの熱い日』のJ.D.
『時計じかけのオレンジ』のアレックス

であるらしい。

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ