ジョー中佐

ラブラドール犬のジョー(犬でも中佐)は、アメリカ国防総省の中で唯一のストレスの嗅ぎ分けができるイヌなんだとか。これまでに自殺願望を持つ者 7 名を含む、精神的苦痛を抱える患者、47 名を見分けている。

ベルヴォアール・コミュニティー病院で看護婦を務めるトレイシー・クラウス海軍少佐は、ジョーのハンドラーを 2 年半務めた人物。クラウス少佐曰く、「ジョーがどのようにして精神的に病んでいるヒトを言い当てているのかが分からない」が、恐らくは、ストレスを持つ患者特有のフェロモンや、体の動きからなるボディーランゲージを読み取っているものと考えられているそうです。

嗅覚でヒトの病気を見つけるイヌもいるそうですし、我々には未知の感覚を持っているんでしょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ