アナーキー

シェイクスピア作の戯曲「シンベリン」を現代の設定で映画化。
シェイクスピア劇はいつの時代にも関連性があることを証明するのが目的らしいが、個人的にはリアリティーも共感も感じなかった。
古典落語を現代風に解釈した作品だったら受け入れやすかったか。
個性派俳優陣で期待したが残念でした。

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ