まほろば動物病院はどこまでも

全国主要図書館の蔵書となっている「こちら、まほろば動物病院」の続編を、発刊前に文豪が届けてくれた。

児童図書を目的とした読みやすい町の獣医さんのコラムですが、随所に著者の獣医職務に対する博識と矜恃が見られる一冊。

著者実像は、名古屋市獣医師会のラスト・ゴッドファーザー。
20年以上前、私が入会時既に会長職を務めており、その時点でボスとしての貫禄満点。
初めて挨拶したとき、私は完全に蛇に睨まれたなんちゃらでした。
それが今となっては文豪(自分が愛着を込めて呼んでいる)と、ちょくちょく世間話する仲になった。
親子ほどの歳の差なのに。
隣の芝生は青いつもりはないけど、他所の親父には懐けるんだよな素直に。

待合室に置きますね。

1つ星 (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
Loading...

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ