これ、逆に刺激的

格闘系興業は無観客からスタート、客入れできるようになっても規制が多すぎて、こりゃ前途多難だと思っていた。

新しい生活様式と言ったって、観客の熱狂があってこそ成り立つジャンルなのに。
いまのプロレスを実際に観て抱いた実感ではないが、他と異なり演劇要素も強いんだから、観客の反応を見れないなんて、それじゃ自慰行為だよと想像する。

そんな危惧のなか、思い入れの強いボクシングの無観客試合を観た。

生で観たときの、リングサイドの戦慄が体感できる。
緊張感もこちらの方が高い。

これならいける。

地元ファンの贔屓歓声に誘発されるホームタウンディシジョンも起きないから、より公正な判定が可能になるのでは。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ