おもかげ

23作目

2019年スペイン製作のヒューマンドラマ作品。
2017年に作られた19分間の短編ドラマに、その後の話を付け加えて2時間以上の物語にした。

主演女優マルタ・ニエトの美貌が映画として成立させているが、これが現実的な容姿に加えて男性版だったとしたら、悍ましい物語になる可能性大。
ラストの解釈が物議を醸すだろうが、私的には人間の身勝手な性を表現した作品だと観た。
そうすると、序盤からの其々の設定や台詞に合点がいくところがあった。

是非、映画鑑賞仲間N師匠の異性視点での解釈を聞きたい。

1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ