おとなの恋は、まわり道

5作目

2018年アメリカ製作の恋愛コメディ作品。

まずは文春オンライン、町山智浩の転載コラムを読んでほしい。
男ならキアヌ・リーブスのカッコよさに唸る筈、そして「ドラキュラ」からおよそ30年、相思相愛女優ウィノナ・ライダーとの久々の共演である本作にウキウキしてしまう筈。

全編通してキアヌとライダーの息の合った夫婦漫才が続くだけ、起伏のない単調な作品なんだけど、先のコラム読んだ後だと程よい惚気に当てられる。
それでも嫌気が差さないのは、一重にキアヌがグッドガイだと知ったが故。
羨望の眼差しでフィニッシュまで鑑賞した。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ