「愚」を使う理由について

文章のK師匠が、私がブログで自分の子供を「愚息」「愚娘」と書くことで、当の子供が気分害するのではないかと、今の時代は普通に息子、娘でいいんでないかと言ってくれた。

時代の変化に敏感で、言葉に拘りがある師匠の意見だから一理ある。

ネットで視野が広がり世界標準(いやアメリカ基準か)が世に浸透した現在、徹底した個人主義が生き抜く術で、自己主張できなければ淘汰される世の中だから、そこに日本でしか通じない「謙遜」は時代遅れ、不必要なのかもしれません。

でも

私がわざわざ「愚」を使う表向きの理由はもちろん謙遜、しかし裏には逆説的な意味合いが含まれており、むしろ私の本心はそっち。
当の子供達もブログ読んでるので、それを言葉にする野暮なことはしませんが、たぶん彼らはわかっているでしょう。

愚息、愚娘ですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ