2回目以降を狙ってください

ケイレンや失神など明かに病気のような症状から、なんでそんなことしてるの? という飼主さんから見て異常に映る行動まで、突然愛兎が心配になる動きをしたら。

初回は飼主さんもパニクるから困難ですが、2回目(起きない方が良いのですが)以降は撮影できるよう心がけてください。
動画があれば口で説明するより一目瞭然、どれだけ診断の助けになるか。
笑い話で済むようなウサギの行動だったりすることもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ