10段階で示せとな

飼主さんにとって、愛兎の病状を的確に把握したい欲求は当然あるでしょう。
獣医師は、それを伝える義務があります。
病気の状況、検査の数値、治療の経験則など、様々なことを総合して説明するのですが、飼主さんとしては単純で明確な方がいいのでしょう。

先日、ある飼主さんから

「先生、この子の病気の重症度、10段階で言ったらどれくらい?」

と質問されました。
なんちゃって獣医師を心がけて、普段から専門用語を説明に入れ込まないようにしているんだけど、それでも求められるんですね。

せめて、最初の治療の反応みてから評価していい?
・・・逃げですかね。

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ