骨折事故多発

年明けから骨折の患者さんが多数来院しています。

冬場は外に出してあげられないので、愛兎はストレスが溜まって、無茶な行動してしまうのかも。
だとしても、基本ウサギの骨折は、飼育環境の不備やウサギの扱いの失敗が原因となるものですから、飼主さんの管理不足が引き起こす事故といっていいでしょう。
そういう意味では、起きてしまったら悔やんでも悔やみきれないことになりますから、飼主さんにはより一層の注意を持って愛兎と接してほしいです。

また、骨折したら即手術と思った飼主さんから、切迫した電話を頂くことも多いですが、折れた状況、部位、数によってそれぞれ対応が異なりますので、診せて頂かないとなんとも説明できません。
これは他の病気にもいえることです。

慌てないで、来院してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ