食べ方を観察

臼歯の不正咬合は、飼主さん自ら愛兎の口内を観察することが無理なので、発見が遅れることが常です。

しかし方法が無いかというとそうでもありません。
普段の餌の食べ方を観察してほしいです。
キャラメルが奥歯にひっかかったような食べ方しだしたら、咀嚼に歯が邪魔になってきた証拠です。
気が付かずに放置すると病状は悪化します。

画像のウサギは右頬が腫れてしまい、院内の方法でも中を確認するのが困難で、先ず腫れを引かせる治療ののち、歯を処置せざるを得なくなりました。
早期に見つければ簡単な処置で終わりますが拗れると時間がかかり、ウサギも苦しみますし治療費も高くなります。

過去に歯を処置したウサギ、普段牧草をあまり食べないウサギは必ず食べ方を観察してほしい。
キャラメルが奥歯にひっかかったってどんな食べ方?
知りたい方は診察時に動画お見せしますから言ってください。

1つ星 (11 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ