角膜閉鎖

画像のように、眼の外側から膜(結膜)が被さってくる状態をいいます。

発生原因は不明です。
視覚に影響なく痛みや痒みもなければ、飼主さんに説明の上経過観察とする場合もありますが、膜が進行性に伸びてきて障害になるようなら、麻酔下で切除します。
外科切除後、再発する可能性はあります。

1つ星 (13 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ