血尿? から手術

表題見ただけで察する方はウサマニアです。

もうすぐ6歳になるメスウサギが1年以上ぶりに来院しました。
血尿が出たかも? ということで。

お腹触って即座に診断、明らかにデカいシコリが2つ以上触りました。
レントゲン撮ってシコリ像と胸部(心・肺)の状態を確認。
胸部を診るのは転移の有無を確認するのと、麻酔をかけれる状態かどうか診るため。
最終的には飼主さんの意向によりますが、この時点で手術を想定しています。

飼主さんの了解が得られ、数日後に手術を実施しました。
麻酔をかけ、お腹を剃毛すると、外観からも中のシコリがわかるほどでした(画像でわかるかな?)。

摘出した子宮・卵巣。

1年以上ぶりの診察によって発見した子宮癌ですから、スタートがいつかはわかりません。
定期的な健診を受けて頂けたら、血尿の症状がなくても、もっと早い段階で発見できたと思います。
小さくても触って(触診)みつけることが可能ですから。
当院では3ヶ月に1回の爪切り健診をオススメしています。
もちろん100%検出することは不可能で、3ヶ月の間に急激に発症してくる病気もあると思いますが、少しでも多くの病気を見つけようといつもアンテナ張っています。
まだまだ?
はい、日々進歩するように努力します。

1つ星 (19 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ