膝蓋骨脱臼

膝の膝蓋骨という皿状の骨が、正しい位置から外れることをいいます。

イヌでは生まれつき靭帯に異常があったり、発育段階での骨や筋肉の成長不良だったり、事故などの外傷によって発症する場合が知られています。
外れた後肢を持ち上げたまま歩行したり、痛がったりします。
内科・外科治療以外には、体重管理、適切な運動、滑らない歩行を促す床の選択と足裏のケアが重要とされています。

実はウサギでも結構診る病気なのですが、症状が明確でないことが多いです。
イヌと同様に体重管理と滑らない歩行は、この病気の予防対策として重要だと思います。
足裏に肉球が露出しておらず毛で覆われているウサギは、爪がストッパーとして大切な役割を持っており、過度な爪切りは滑りやすい歩行を助長すると推測されます。

世間の風潮に逆らって、私が以前から爪切りをし過ぎないよう啓蒙している理由です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ