積極的に関わらないと老後困る

ウサギは神経質で警戒心の強いいきもの。

だからウサギの習性を理解し、彼らが嫌がることはやらず、嫌われないよう気を配る必要はある。
しかし病気の治療や介護に至っては、そんなこと言っていられない。
彼らは薬を飲ませられる意味を分かっていない、強制給餌だって、そのありがたみを理解していないかも。
でも、それらを飼主さんがやれること、やり続けることで、ウサギは寿命を延ばせる。

愛兎が嫌がるからと、彼らと積極的に関わらないと、彼等が老後に困ることになります。

嫌がることだから、手際良く短時間で納める術を、彼らが若いうちに習得してください。

1つ星 (21 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ