監視の目

病気で治療を受けた愛兎、果たして順調に復活してくるか?

復活の目安は、愛兎が餌を食べ水を飲み出して、糞や尿を排泄しだすこと。
飼主さんは、今か今かと動物病院から帰宅後の愛兎をジッと監視。

ちょっと待て。

自然界でウサギは食われちゃう生きもの。
飼主さんのギラついた眼差しは、愛兎を警戒させるに十分な威力あるんじゃありません?

心配になる気持ちはわかるけどそこは我慢して、帰宅後は普段通りに接して、何気なく見てあげるのが一番効果的だと思いますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ