病後の換毛

つきみちゃんは4歳のホーランドロップ。

昨年末に腸閉塞で来院、直ぐに病状は回復して元気になったが、その後季節外れの換毛が始まり、今日爪切りで来たときも、パンツ半脱ぎ状態のような毛並みでした。

飼主さんの回想によれば、前回も病後に換毛が始まったとか。
成熟したウサギにおける換毛は季節性をもち、通常1年に2回の完全な換毛があるのですが、環境による刺激、内分泌や栄養が影響を及ぼすといわれています。
ですから病気を患った一時的な体調の変化が、その後の換毛を招来したのかもしれません。

せっかく病気が治ったのに、毛繕いで抜け毛を多量に飲み込んで、消化管の病気に繋がってしまうと、再び愛兎が大変な思いします。
病後の体調管理はもちろん、ブラッシングを中心とした世話も大切かもしれませんね。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ