生後1ヶ月は早すぎる

なんなのでしょうね。

初めてのウサ飼いさんで、未熟すぎる子ウサギの来院が続きました。
あっ、緊急事態宣言で様々な業種が経営圧迫して、それはペットショップも例外に漏れず。
となると、生体は在庫で抱えず早く売りたいという、店側の心理が働いた結果なのでしょうか。
一応断っておくと、ウサギ専門ショップさんの話ではないです。

ネット上にはガセネタがあふれていますが、子ウサギが下痢すると死ぬ、というのはある意味本当です。

ウサギ飼育の初歩でつまづかないように、ブログでも度々啓蒙しています。

子ウサギは生後2ヶ月以降の生体が、安全に飼育できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ