無理強いすると評価できなくなる

ウサギは2日食べないと命を落とす可能性が高くなるといわれているので、少しばかり知識ある飼主さんは愛兎の食欲不振に神経質になります。

早期に動物病院に受診されることは良いことです。
しかし治療成果を早急に求めるあまり、愛兎の食欲復活を無理強いする飼主さんがいます。
まだ回復していない愛兎の口前に牧草やペレット、普段与えないようなオヤツを見せて、無理矢理口に含ませようとします。
それで一口二口嫌々でも食べてくれたら安心ですか?

治療後、1時間程度で食欲復活してくるなんてないと思います。
投与された薬が反応してくるまで、半日程度かかるのではないでしょうか?
焦る気持ちはわかるのですが、病気と戦っている愛兎の邪魔にならないように、半日から1日程度はそっと見てあげてはどうでしょう。

愛兎が自発的に食べてくれたかどうか次日確認することで、治療効果は正確に評価されます。
急がば回れ。
焦れば結果的に完治までの時間がかかることが多いです。

1つ星 (18 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ