治療とストレスを天秤にかける

歳をとってからの病気は、治療が長期にわたるものが多い。

しかしウサギも年寄りは頑固だから、治療を容易に受け入れてくれるとは限らない。
そこは、それまでのウサギと飼主さんの関係性で決定される。

動物病院で受診したんだから、何かしら治療するのが当たり前だと思いがちだが、治療にかかるストレス、それも継続してかかるストレスを考慮して、受け手の患者さんを評価したら、残念ながら治療しないで放置した方が良い。。。なんて決断になることもある。

他所の動物病院では考えられないことかもしれない。

しかし飼主さんと検討した上で、そのような決定を下すことが当院ではあり得ます。

1つ星 (20 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ