毛芽腫

過去にも紹介しましたが再び。

ウサギの皮膚腫瘍で最も多く発生する良性腫瘍。
中〜高齢ウサギに好発。

腫瘍は皮膚の下で筋肉から離れて発生し、徐々に大きくなると同時に表面に顕著に出てくるので、私的な言い方だが “機が熟した頃” に摘んで取ってしまうことが多い。

獣医療として正しい方法は、しっかり麻酔かけて剃毛・消毒して外科手術、百歩譲って腫瘍根本を結紮して脱落させることだろうが、患者の年齢・コンディション、かかる負担・ストレスを考慮、飼主さんの経済的負担を忖度(これは大きなお世話か)して、もぎって取ってしまうことが多い。

取った直後、大した出血もない
これより大きいものもあり
1つ星 (13 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ