強制給餌教えます

ウサギは食欲不振が長期間続く(一般的には2日程度)と、自力では立ち直れず、命に関わる状態に陥ります。

一昔前は、普段から食べている様々なモノから、ウサギの味覚に訴えるモノをチョイスし、なんとか食べてもらい、自発的に食欲を復活させる方法を取っていました。
しかし現在では、ウサギに多彩な食べものや、好物な炭水化物を食べてもらうことは、弱った消化管や腸内細菌にさらなる打撃になるので、この方法は否定されています。

それでは、ウサギが食べなくなったらどうするか?

ウサギ専用の消化に優しい流動食がありますので、それを強制的に与えます。
強制的にこの餌を食べさせることによって、消化管運動と栄養吸収が再開されます。
数日間処置を続けることで、ウサギは採餌リズムを取り戻し、やがて自発的に日常の餌を食べ出します。

強制給餌といえど、決して拷問のような手段ではありません。

ウサギにとって大好物が得られないだけで、病気療養中の餌として最適なモノを投与するので、やり方さえ上手くやれば、ウサギはスムーズに受け入れる筈です。
強制給餌の手技は、飼主さんと愛兎とのキャッチボールのようなもので、互いの息が合ってくると、絆が深まった感じがして嬉しいものです。

当院では診察時に実演して教えますので、殆どの飼主さんがマスターしています。
ちなみに下の画像は、本日強制給餌初体験のウサギ。
怒りながらもスムーズに食べてくれました。
飼主さんも身近で見れたので、頑張ったら必ずできます。

cimg4513

cimg4512

1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ